立川のおすすめリフォーム会社 » 立川のリフォーム事例と評判を集めました » トイレ

トイレ

立川のトイレリフォーム施工事例

立川でトイレリフォームを行った事例を紹介しています。他にもおおよその費用相場や口コミも掲載しておりますので、是非ご参照ください。

有限会社スマイルワン

スマイルワンのトイレリフォーム画像

引用元:有限会社スマイルワン公式サイト
http://www.smile-one.co.jp/リフォームメニュー/内装/626/

ホワイトとグレーでセンスのよいカラーリングにリフォーム

トイレと洗面所は、全体的にホワイトを基調として程よい濃さのグレーを組み合わせたソフトなモノトーンのカラーリング。シンプルで清潔感が感じられますし、床材も含めた一体的な空間デザインがリフォームの完成度の高さをあらわしています。

なお、この施工事例は居室のフローリングにもホワイトオークを採用するなど、内装全体が淡いトーンでコーディネートされているのもポイントです。アピールし過ぎないナチュラルテイストが溢れ、品のよさを感じさせます。

株式会社建木工務店

建木工務店のトイレリフォーム画像

引用元:株式会社建木工務店公式サイト
http://www.tatsuki-k.com/postcase/あきる野h様邸-トイレリフォーム/

老朽化したトイレを最新設備でリフォーム

施工前は設備も空間自体もかなり古さを感じる状態でした。

これを、リクシルの最新製品に交換するとともに、トイレ室内のクロスも全面リフォーム。最新設備はデザインがスタイリッシュで一体化されているので、スペース的にも無駄がなくなっています。

床面を濃色に変えて、クロスは白ベースの淡い柄物にしたことでコントラストがくっきり出て、より落ち着ける雰囲気にもなっています。

ミサワホーム株式会社

ミサワホームのトイレリフォーム画像

引用元:ミサワホーム株式会社公式サイト
https://www.misawa.co.jp/reform/ziturei/detail179.html

トイレと洗面所を一体的にリフォーム

トイレと洗面所をひとつの空間としてリフォームした事例。ホテルなどにも見られる空間設計で、同時にバリアフリー化とユニバーサルデザインの導入も行っています。

トイレと洗面所をワンルーム化することによって、居室などと同様にインテリアとしてのコーディネートにも工夫ができるため、ホワイトとダークブラウンというカラーリングで、大人がリラックスできる空間に仕上がっています。

ニッカホーム

ニッカホームのトイレリフォーム画像

引用元:ニッカホーム株式会社公式サイト
http://www.nikka-home.co.jp/

古くなったトイレをモダンでおしゃれな空間に

古くなり、調子が悪くなったトイレをリフォーム。トイレの面積が狭いので不要な手洗い場をなくし、収納スペースを追加。

LIXILのリフォレというスタイリッシュなデザインの便器を採用し、モダンな空間に大変身させました。換気扇は予算の都合上設置できなかったものの、水回り用のエコカラットプラスを追加。快適な空気をいつでも楽しめるようになりました。

提案は一般的なデザインとモダンなものの2種類。予算に合わせて、ユーザーが気に入るものを選べるようにしてくれます。便器も様々ありますが、お任せすることでより最適なものを複数ピックアップしてくれるのも嬉しいですね。

FRESH HOUSE

FRESH HOUSEのトイレリフォーム画像

引用元:FRESH HOUSE株式会社公式サイト
https://freshhouse.co.jp/

トレンドのタンクレストイレへの交換のほか内窓も交換

洗面化粧台が壊れてしまったことをきっかけにリフォーム。以前はトイレに入りにくい構造でしたが、洗面化粧台をスッキリさせトイレのドアを開けやすくすることで、入りやすい設計になりました。

トイレはトレンドのタンクレストイレに交換。狭い面積でも広々とした雰囲気を楽しめるようになりました。さらに内窓も新しいものに交換し、冬場でも高い断熱効果を実感できるようになりました。

予算に合わせた便器の提案、その他の部分のリフォームなども受け付けてくれます。

トイレのリフォーム費用相場

ここではトイレのリフォームの費用相場や安くリフォームするためのポイントなどを解説します。

トイレリフォームの費用相場は約20〜80万円

トイレのリフォームの相場は20万円から80万円程度です。便座のみのリフォームの場合は20万円程度で済みますが、内装、配管などトイレ空間のすべてをリフォームしたいという場合はかなりの金額がかかります。

さらに、和式便器から洋式便器への取り替えは費用が高額に。地下工事から行う必要があるため大掛かりな工事になり、80万円以上となることもあります。

安くリフォームするには便器や業者選びなどが重要

トイレのリフォームをより安く済ませるには、まず便器のグレードを落とすことがポイント。トイレ全体をリフォームするのに、さらにグレードの高い便器を選んでしまうと収集がつかなくなってしまいます。最近はお手頃な価格で質の高い海外の便器も多いので、まずは便器を妥協するところから始めましょう。

さらに、依頼する業者は、トイレのリフォームに強い業者を選ぶこと。トイレのリフォームを多く行っているということは、便器の大量仕入れも安く行えている可能性が高いです。また、他社に委託せず自社で施工を行っている業者もおすすめ。委託するぶん費用は高くなりますが、自社施工の場合はかなりの金額を抑えることができます。

そして、いきなり一社に依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを依頼することも重要です。一番安く請け負ってくれそうな業者を選ぶか、他の業者に見積もり書を提出し、これ以下の価格でお願いできないか交渉してみましょう。

以上のポイントをつかむことで、より安くお得にトイレのリフォームを行うことができます。

便器本体の価格やリフォーム内容によっては費用が高くなる

トイレのリフォームは、設置費用だけでなく便器本体の価格も大きく影響します。メーカー、タイプによって最終的な金額が変動するので、よく考えるようにしましょう。

TOTOの場合、10万円程度のお手頃なものから45万円近いものもあります。パナソニックの便器には20万円以下から120万円を超えるようなものまで幅広いラインナップが。INAXの場合には20万円から55万円程度の便器が多いようです。これらの本体価格に加えてリフォーム代を考え、予算内に収まるようにしましょう。

また、リフォームの内容によって配管を移動させる、窓を設置する、換気扇を設置するなどの予定が増えると、金額はどんどん高くなってしまいます。本当に必要なリフォームであるか、一度考えなければなりません。

トレンドのタンクレスタイプならトイレルーム全体のリフォームが必要

近年は、従来のタンク式の便座よりスッキリとしたタンクレスタイプの便座がトレンド。狭いスペースを有効活用でき、さらにすっきりとモダンな印象の空間にすることが可能です。

しかし、タンクレストイレの場合、手洗い場がなくなってしまいます。そのため別に手洗い場を設置する必要があり、トイレルーム全体のリフォームが必要になります。場合によってはタンクレストイレを諦めた方がいいケースもあります。

トイレのリフォームをした人の口コミ評判

トイレのリフォームで見るべき7つのポイント

排水芯の位置

トイレのリフォームにおいて最も基本的で、なおかつ重要なポイントとなるのが排水管の位置です

排水管は大きく分けると床排水タイプと壁排水タイプの二種類があります。床排水は便器の据え付けてある床下を通って排水されるというものであり、一方壁排水は便器から壁に排水芯が突き刺さっており、その壁の中を通って排水がなされます。

現在一般的に用いられているのは床排水タイプであり、壁排水タイプのものは設置できる便器の種類が限られたり、あるいはより複雑な工事が必要となり、より大きな費用が発生したりすることが多いようです。

また同じ床排水タイプであっても、便器後方の壁から排水管までの遠さ(これを排水芯と呼ぶ場合もあります)などで設置できる便器の種類が異なる場合もありますので、こちらにも注意が必要です。

掃除のしやすさ

便器選びをする場合、まず重要となるのが掃除のしやすさです。便器掃除で苦労をした経験のある人は多いのではないかと思いますが、近年ではそういった負担を軽減するためのさまざまなアイデアを取り入れた便器が登場しています。

例えばあるメーカーの便器では、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解し次亜塩素酸水を生成、それによって除菌を行います。次亜塩素酸水はあくまでも原料は水道水であるため特別な薬品類などを使用せず、安全性が高く環境負荷も軽いのがメリットです。

またその他のメーカーの便器にも、円を描くように水が流れることでより効率的に汚れを落とすもの、泡(気泡)を含んだ水を流すことで汚れを落とすもの、プラズマクラスターを発生させるものなど、さまざまな機能を持ったものがあります。

もし便器の汚れやその掃除に手間を掛けたくないという人の場合、そういった便器を選ぶのも良いでしょう。

室内の空間設計

トイレのリフォームにおいてはトイレルーム内の空間設計をどうするかということも非常に重要なポイントとなる場合があります。

この場合、便器をタンクレスタイプへと交換することで、トイレルーム全体の内装をすっきりとさせ、空間を広く保つことができるようになります。

ただしタンクレスタイプは本体価格がやや高く、またタンクタイプとは違い手洗い場を別に設置しなければならないということもあり、リフォーム費用は高くなってしまう傾向があります。

ニオイ対策

トイレにおいて大きな問題となるのが「ニオイ」です

トイレのニオイ対策にはさまざまな方法がありますが、最も基本的なのは換気扇でしょう。近年では換気扇も性能の良いものが多くなってきており、例えば証明が点けられると自動的に回り始めるといったものもあります。

また床材や壁材の選び方次第でニオイ対策をすることができる場合もあります。一例としては珪藻土やエコカラットを原料とした壁材などには消臭効果があることが確認されており、そういったものを選ぶのも良いかもしれません。

バリアフリー設計

ご自身やご家族などがご高齢である場合、またこれから高齢者になっていくということを考えた場合、トイレリフォームにおいてはバリアフリー対策が必須となってきます。

バリアフリー対策として最も一般的なのが手すりの設置です。例えば便器の横の壁に手すりを設置だけであればそれほどごく小規模な工事をするだけで費用などもあまりかかりません。

またトイレットペーパーの設置されている紙巻き器と一体化したタイプの手すり、肘置きなどもあり、そういったものを選ぶのも良いでしょう。

また高齢者にとっては体を反転させ、レバーを動かして水を流すという動作すらも難しいということがあります。そのような場合を想定し、便座に座ったままの状態でボタンを押して水を流すといったタイプの便器を選ぶのも良いかもしれません。

その他にもより基本的なこととしては、トイレルームとその外側との境界に段差をなくすといったことも重要です。

クッションフロアの交換

一般的に、トイレの便器は床に直接据え付けられるのではなく、その境目には耐久性や耐水性などを目的として塩化ビニール製のクッションフロアが敷かれています。

しかしこのクッションフロアは年月とともに徐々にへこみや汚れなどが付着してしまったり、カビが生えてしまったりと劣化をしていくものでもあります

便器は時代ととともにコンパクト化が進んでおり、リフォームに際して便器だけを交換すると便器がコンパクトになった分、クッションフロアの設置跡が露出してしまい美観を損ねてしまうということがあるのです。

そのためリフォームでトイレの便器を交換するという場合には同時にクッションフロアも新しいものに取り替えることがおすすめされます。

トイレの広さに対しての便器の大きさ

自宅のトイレの面積と便器の大きさを見誤ってしまうことで、便器が思ったより大きすぎてトイレが狭くなってしまったというトラブルは多いようです。便器には大型サイズのものもありますので、選ぼうとしている便器が今使用している便器と比べて大きすぎないかどうか、よく確認しておきましょう。