立川のおすすめリフォーム会社 » リフォームに関するQ&A » リフォームのタイミングは?

リフォームのタイミングは?

築年数から予見できるリフォームの最適タイミングとは

ここでは一般的な木造住宅を想定して、新築時から何年くらい経ったら、どのようなリフォームをした方がよいのか、ポイントを整理してみました。

もちろん、気候風土なども含めた立地や、建物の素材や構造などによって状況はまったく異なります。急なトラブルであれば、良いも悪いもなく即補修工事してもらわなければならなくなるでしょう。

知っておくべきなのは、通常の劣化や老朽化によるもので、日常生活には支障がなくても、いいタイミングでリフォームすれば長期コストとして割安になるような点です。

その時点では困ってないからといって、リフォームを先延ばししていると、結果的に大規模修繕が必要となるケースもあります。

以下は、築年数を起点として注意すべきポイントです。

築5~10年のリフォームのポイント

バスルームのドアや小型給湯器など、普段の掃除の仕方によってはそろそろ汚れや劣化が気になる時期。外壁や屋内の壁も、生活に支障はなくてもある程度の汚れやキズなどは付いていることでしょう。

一般的には気にならない部分でも早い段階でケアしておくと、より長持ちすることにもつながります。

なお、防蟻処理は5~10年ごとに実施するのがベターです。

築10~15年のリフォームのポイント

キッチン、バスルーム、トイレなどいわゆる水周りのメンテナンスを検討すべきタイミング。

毎日複数回使用する設備で、カビや水アカなど頑固な汚れによる影響を受けやすいので、他の居室などと比べて劣化は早めに訪れます。

外観では屋根や外壁、雨樋などは風雨によって損傷を受けていることも十分にあるでしょう。これらはきちんと補修しておかないと、雨漏りなどによって構造材に悪影響を及ぼすので注意してください。

築15~20年のリフォームのポイント

木造住宅にとっては大規模リフォームを決断しなくてはならないタイミング。目に見える箇所だけでなく、土台や給排水管なども劣化しているでしょうし、シロアリ被害がないかもチェックする必要があります。

築20~30年のリフォームのポイント

日本の一般的な住宅は30年程度が耐用年数とも言われ、そろそろ建て替えも含めた検討が必要になるでしょう。

一方、新築時と比べて家族構成やライフスタイルも変わっているので、その後の生活設計を考慮したプランを練ることになります。