立川のおすすめリフォーム会社 » リフォームに関するQ&A » リフォームのタイミングは?

リフォームのタイミングは?

築年数から予見できるリフォームの最適タイミングとは

ここでは一般的な木造住宅を想定して、新築時から何年くらい経ったら、どのようなリフォームをした方がよいのか、ポイントを整理してみました。

もちろん、気候風土なども含めた立地や、建物の素材や構造などによって状況はまったく異なります。急なトラブルであれば、良いも悪いもなく即補修工事してもらわなければならなくなるでしょう。

知っておくべきなのは、通常の劣化や老朽化によるもので、日常生活には支障がなくても、いいタイミングでリフォームすれば長期コストとして割安になるような点です。

その時点では困ってないからといって、リフォームを先延ばししていると、結果的に大規模修繕が必要となるケースもあります。

以下は、築年数を起点として注意すべきポイントです。

築5~10年のリフォームのポイント

バスルームのドアや小型給湯器など、普段の掃除の仕方によってはそろそろ汚れや劣化が気になる時期。外壁や屋内の壁も、生活に支障はなくてもある程度の汚れやキズなどは付いていることでしょう。

一般的には気にならない部分でも早い段階でケアしておくと、より長持ちすることにもつながります。

なお、防蟻処理は5~10年ごとに実施するのがベターです。

ガス機器のリフォーム

築年数がまだまだ浅い10年未満の場合、付属の機器などが故障になりがちになっていたりすることがあります。ガスの湯沸かし器などが故障しやすくなっていたり、調子が悪くなっていたりしたら小型湯沸かし器など、ガス機器の交換や改修などリフォームを考えたほうが良いです。

浴室などの設備のリフォーム

数年経つとすぐ劣化が始まるので水周りの設備。キッチンなどもそうですがバスやトイレは手入れが億劫になりがちで、そのまま放置しがちです。風呂のドア部分であったり、便座のふたなどが壊れやすくなっていたりする場合もあります。

トイレのウォシュレット増設

築浅の場合、ちょっとしたこだわりで、物をより便利にしたがる傾向があります。例えばトイレのウォシュレット機能の追加、また食器乾燥機の増設、衣類の乾燥機など欲しいものが増えていきますので、こうした要望も多くあります。うまいことスペースに入ればいいのですが、入らないとリフォームも大がかりになり、費用もついてしまいます。

ベランダ周りのリフォーム

ベランダは雨ざらしになりやすいので、注意が必要です。落ち葉やゴミなどがたまり排水口にたまってしまい、ベランダが水浸しになりがちだという場合は、朽ちるのが早くなります。排水溝などにもゴミがたまると排水管ごと変えないといけなくなるので、ベランダだけではなく、他の全体のリフォームに及ぶ場合があります。

外壁の塗装はがれ

数年経つと全面的に汚れや破れ目立つというより、部分的に塗装が剥がれていたりすることがあります。はじめは綺麗に塗装されていても、雨などにさらされるとそれもすぐ汚くなります。剥がれる部分がどんどん拡大していく前に、部分的でもいいのでリフォームすることをお勧めします。外壁は家の印象がすぐわかってしまうので、手間をかけていい部分かもしれませんね。

築10~15年のリフォームのポイント

キッチン、バスルーム、トイレなどいわゆる水周りのメンテナンスを検討すべきタイミング。

毎日複数回使用する設備で、カビや水アカなど頑固な汚れによる影響を受けやすいので、他の居室などと比べて劣化は早めに訪れます。

外観では屋根や外壁、雨樋などは風雨によって損傷を受けていることも十分にあるでしょう。これらはきちんと補修しておかないと、雨漏りなどによって構造材に悪影響を及ぼすので注意してください。

畳の張替えなどのリフォーム

畳を替えるのは10年ほどを目安に張替えを考えた方がいいです。全面的に変えたとしてもそれほど大範囲にならない事もありますので、割と安くできたりもします。割とすぐ痛みやすいですし、日光が当たっていると色も早く変わります。1畳分だけ交換すると色などが不細工に感じてしまうので、全面的にリフォームをした方が綺麗に見えます。

カーペットの磨耗

床がどのような素材を使っているかにもよりますが、カーペットなどは磨耗が始まりやすい素材になります、はじめは、カーペットなどはふわふわして居心地がいいように感じますが、夏などは暑く、冬でもダニなどがたまりやすいので定期的なメンテナンスが必要になります。クリーニングで十分綺麗になりやすいです、定期的に見ておけば逆に関係ないとも言えます。

フローリングの張替えリフォーム

10年を超えるとフローリングの張替えを検討してもいいかもしれません。まあ10年ではまだまだ大丈夫ではありますが、部分部分に痛みや傷がある場合は、一部だけ張替えする。また全面的に張り替えてもそれほど費用は高くないので検討してみても良いでしょう。

屋根のリフォーム

屋根は目につかないからといって後回しになりがちです。10年を単位に点検や改修を勧めた方がいいです。雨漏りはもちろんですが、外装に剥がれが目立ったりすることもあります。そういったところが悪いと雨漏りの原因にもなりますので、メンテナンスを欠かしてはいけません。雨などを遮る重要な部分ですので、しっかり見ておいた方が良いです。

床下のリフォーム

10年を経つと構造部分も気にした方が良いです。床下にもガタがくる場合もありますので、先手を打つ意味で点検はもちろん、構造の強化を図った方がいいです。床下が悪いと床上部分にもヒズミが発生していることもありますので、注意が必要です。

築15~20年のリフォームのポイント

木造住宅にとっては大規模リフォームを決断しなくてはならないタイミング。目に見える箇所だけでなく、土台や給排水管なども劣化しているでしょうし、シロアリ被害がないかもチェックする必要があります。

シロアリ駆除

年数によるところと、建物の個別性によるものがありますが、年数が経つとシロアリなどが発生しやすく、床下などが知らぬ間にシロアリの巣窟になっていたりします。また害虫が他にもいたりすることがあります。床下や天井裏などは点検と、一斉の駆除をやっておいた方がいいです。

バリアフリー化

建てたときは自分が歳をとるなんてことは考えていないかもしれませんが、10〜20年も経つと、年代がそもそも変わってきます。家を建てた時が30歳でも50歳になればもう健康問題に支障が出てくるでしょう。また、両親と別居していたが、介護のため一緒に暮らすようになったなどの場合、バリアフリー化は必須となります。車椅子が通れるようにスロープをつけ、段差を無くす。エレベーターを付け加えたり、階段の段差を少なくするなど、年代が変わるとそういったことも検討しなくてはなりません。

壁・天井・床の断熱リフォーム

築年数が進んだ家だと、昔の素材を使っているので日本古来の自然素材と言ったら聞こえがいいですが、断熱や耐水などが遅れていたり、弱い素材だったりするので、田舎暮らしで日光もあり、風通しの良い家なら良いですが、都心のコンクリートジャングルにいるとそういったこともなく、寒気や熱を持ちやすいので、断熱化や防寒を図るリフォームを考えた方がいいです。

築20~30年のリフォームのポイント

日本の一般的な住宅は30年程度が耐用年数とも言われ、そろそろ建て替えも含めた検討が必要になるでしょう。

一方、新築時と比べて家族構成やライフスタイルも変わっているので、その後の生活設計を考慮したプランを練ることになります。

配管のリフォーム

数十年も経つと、外部もそうですが、設備の内部の腐食が進んでいることがあります。これを放置すると、最終的に漏れや破損、詰まりなどが発生するので先にリフォームを勧めた方がいいです。配管などは特にそうで、内部を見たらとんでも無く汚いなんてことはザラで、そうした場合は清掃だけでは上手くいかないこともあるので、交換が必要になります。

耐震化のリフォーム

1981年より前に建てた家は耐震基準を満たしていない家になっているので、現在では35年以上築年数がある家は耐震化を図るリフォームをしておいたほうがいいです。昔は地震に対してそれまで敏感ではなかったですが、昨今では地震に対してかなり敏感になってきているので、耐震化のリフォームは必須だとも言えますね。

間取りの根本的な見直し

数年だけの築年数なら良いですが、数十年も経ってしまったら飽きもきますし、そもそも建てた構造に問題があったりもします。そうした場合は、思い切って間取りから抜本的に改修するのも良いと思います。うち壁をぶち壊して、空間を広く見せるのもいいですし、新たに仕切りを作って部屋数を増やすのもいいのではないでしょうか。

立て直しか全面リフォームか

30年超も築年数が超えると、ローンも払い終えている場合もあったりするので、建て替えを図るケースもあります。リフォームではどうしようないほど直す部分が大きいと、いっそ建て替えた方がいいと考えてしまいます。全面リフォームだと1000万近くかかることも場合によってはあります。建て直しだと3000〜4000万することもザラなので、費用面を考えるとリフォームということになります。

普段からのメンテナンスを

全面リフォームをするにしても、構造部分などが弱っているとリフォームしたところで、装飾的な見た目が良くなるだけで、耐震構造などが弱いため、再度リフォームをしないといけません。なので、定期的な点検やメンテナンスを行っていれば、リフォームも上手く機能しますし、費用も安くなります。リフォーム業者さんの中にも点検やメンテナンスを定期的に業務として行っているところもあるので、よく検討して選択しましょう。