立川のおすすめリフォーム会社 » リフォームに関するQ&A » 補助金は?

補助金は?

住宅のリフォームで利用できる公的な補助金について

リフォームやリノベーションにかかる費用は、減税や補助金といったお得な制度を利用することもできます。

国としても全国各地で老朽化した空き家が問題化していることなどもあって、積極的にサポートしようというのが背景。

ここでは、そのうちの補助金制度にはどのようなものがあるか、わかりやすく説明しましょう。

長期優良リフォーム補助制度※1

リフォームによって耐久性や耐震性の向上を図ったり、省エネ性能が高く維持管理のしやすい家に改修する場合、一戸あたりで最大300万円の補助金がもらえるという国の制度。

事前の建物審査や維持保全計画書及びリフォーム履歴を作るといった要件を満たすことが必要ですが、工事内容によってはかなりお得になるわけです。

これには、新品の家庭用燃料電池(エネフォーム)を導入する場合や、耐震補強工事なら耐震診断や補強計画にかかる費用も含めて利用できる点などに注目したいところ。

居宅介護住宅改修費(介護予防住宅改修費)※2

これは介護保険を利用した住宅リフォームの補助金制度。手すりの設置や段差の解消などバリアフリー化のためのリフォーム工事が対象で、介護認定を受けている人が申請することになります。

ひとつの住宅に対する補助は20万円までとなり、利用者負担が1~2割なので最大18万円の補助の可能性があります。

立川市のリフォームで利用できる補助金制度は?

立川市が自治体として独自に行っている制度の中にもリフォームに関連するものがあるので、以下に紹介します。

木造住宅の耐震化助成制度※3

1981年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅を、今の基準で耐震化する場合に利用できる制度。

無料の簡易耐震診断を実施しているのと、耐震診断・改修工事などにかかった費用について、限度額はあるものの半分サポートしてくれます。

立川市雨水浸透施設設置補助金※4

防災対策という観点から、立川市では雨水浸透や雨水浸透管を設置する際に補助金を出してくれます。1件あたりの限度額は200,000円で、付帯工事も含めた工事費用が対象となります。

立川市緊急輸送道路沿道建築物耐震化促進事業助成制度※5

これは対象が以下の3条件に限定されています。

分譲マンションなら全員の合意があれば利用できる可能性もあります。 なお、こうした制度を利用するには専門知識が必要なので、信頼できるリフォーム業者に相談しましょう。

※1出典:立川市公式HP https://www.city.tachikawa.lg.jp/kazei/kurashi/zekin/koteshisan/kaoku/barrier-free.html

※2出典:立川市公式HP http://www.city.tachikawa.lg.jp/kaigohoken/kenko/fukushi/kaigohoken/jutaku.html

※3出典:立川市公式HP http://www.city.tachikawa.lg.jp/jutaku/kurashi/sumai/taishin/kaishu/taishinka.html

※4出典:立川市公式HP http://www.city.tachikawa.lg.jp/gesuidokanri/kurashi/kankyo/shisaku/amamizu.html

※5出典:立川市公式HP http://www.city.tachikawa.lg.jp/jutaku/kurashi/sumai/taishin/kinkyu.html