立川のおすすめリフォーム会社 » リフォームに関するQ&A » 新築とリフォーム、それぞれのメリットや料金

新築とリフォーム、それぞれのメリットや料金

新築とは?

新築

新築とは土地を購入し、一から家を建てること。構造部分の設計から携わることができ、より耐震性の高い家を目指したり、デザイン性の高い家を目指すことができます。新築をする場合は不動産業者、建設業者、デザイン業者など、様々な業者とやり取りをする必要があります。

詳しい方でないと失敗したり費用、時間がかかってしまう可能性が高くなりますが、その分すべて自分の理想通りの業者を選ぶことができるというのも特徴的。こんな家に住みたい、綺麗で安心できる家に住みたいという確固たる理想がある方は、新築を選ぶのがおすすめです。

新築のメリット

構造部分がしっかりしている

新築の場合は更地から家を建てることになりますので、耐震性、耐久性の高い家を建てることができます。建設業者によっても違いますが、その業者独自の材質、部品を使ってよりハイスペックな構造の家を建てることも可能。

中古物件の場合、内部までリフォームしようとなるとかなりの労力、コストがかかってしまいます。それならいっそ新築にしてしまった方が、心残りなく徹底的に安全面に配慮することができそうですね。シロアリ被害なども新築なら考えなくてもいいのが魅力的です。

外観・間取りを自由に決められる

新築で注文住宅を選択すれば、外観、間取りもすべて自分の思う通りに決めることが可能です。建売りではなかなか見かけることのない広々としたリビングや家族の成長に合わせて変動することができる部屋、窓の位置、水回りのデザインなど、ほとんどの理想を叶えることができます。

おしゃれな家に住みたい、快適に過ごしたい、身体の不自由な家族と暮らしたいという方にも、新築の注文住宅はおすすめです。建売りの新築物件でも、今はデザイン性が豊富。お気に入りの建売り物件を見つけることができれば、費用も抑えつつ理想に近い家に住むことができるでしょう。

新築のデメリット

近隣の環境・変化が読めない

新築物件のデメリットとしては、近隣の環境やその後の変化が読みにくいという点があります。更地から家を建てることになるので、2階部分の日当たりや景色、お隣との近さなども把握しにくく、完成してから後悔する可能性もあります。事前にしっかり建設業者やデザイン業者と相談し、勘違いのないように慎重に進めていかなければなりません。

また、新築物件が多い土地を購入した場合は、その後環境がどう変化していくかも予想しにくいですね。子供が多くなれば騒音に悩む可能性も高くなりますし、ご近所付き合いで苦労するかもしれません。新しい道路、駅ができる予定であれば人の流れなどもかなり変わってきます。

完成をイメージしにくい

新築物件で注文住宅を選択した場合、完成がイメージしにくいというデメリットもあります。いくら図面で確認したとしても、どうしても想像と違うところは出てきてしまうもの。とくに外観や壁紙などは、小さなサンプルだけではどうしても判断しにくくなります。いざ外壁の塗装が完了したら想像していた色味と違った、派手すぎたというケースもありますので、自分だけで決めずに第三者の客観的な意見を取り入れることも大切です。

リフォームとは?

リフォーム

リフォームとは、既存の中古物件を購入して住みやすいように、また丈夫に改良していくというもの。すでに完成した物件に手を加えるだけなので手間がかからず、完成もイメージしやすくなります。

費用を抑えることができるのもリフォームの特徴ですが、リフォームの度合いによっては新築と同じくらいの価格になることも考えられます。リフォームのメリット

周囲の状態を把握しやすい

リフォームのメリットとしては、周囲の状態を把握しやすいという点があります。子供が多いのか、一人暮らし向けのアパートが多いのか、騒音被害や採光についてはどれくらいか、住み心地に関してはどうなっているのかなどをよく把握してから購入することができます。立地に関しても好条件の物件が多く、駅から近い、近くにスーパーがあるなどのいい条件の物件を見つけやすくなっています。

その家ならではの雰囲気を楽しめる

中古物件を一新してまるで新築のような物件にするリフォームが主流ですが、最近は和風、古民家的なデザインの家もトレンドになっています。レトロな雰囲気を残しつつリフォームすれば、デザイン性が高いだけでなく費用も抑えたリフォームを行うことが可能になります。

リフォームのデメリット

内部構造に不安が残る

リフォームは、多くの場合は外観や間取り、水回りだけに手を加えることがほとんどです。そのため内部構造の劣化が気になるという方が多いです。骨組みまでリフォームしようとするとかなり費用がかかってしまいますので、中古物件を選ぶ意味がないというケースも。また、シロアリやネズミなどの被害も確認することができず、住んでから被害が判明したというケースも。

間取りに制限がある

リフォームはすでにある間取り、骨組みを改良していくという方法。そのため、ある程度の部屋割りや柱の位置、水回りの位置などを変更するのが難しくなってしまいます。身体の不自由な方と住みたいという場合は、その人の暮らしにくい構造になってしまうかもしれません。シロアリ被害があったり構造が法律違反になっている場合は別途補強する必要もあり、かえって費用がかかってしまうケースもあります。

新築とリフォーム、どちらがお得!?

新築とリフォームのメリット、デメリットを比較してみました。肝心の費用の面ですが、一見するとリフォームの方がお得になります。すでにある物件に少し手を加える程度なら、新築の注文住宅よりも圧倒的にお得と言えるでしょう。

しかし、リフォームでも大幅に間取りを変更したり、内部構造も補強したりするようであれば、新築戸建てと同じかそれ以上の費用がかかることも。新築の中でもお得に済ますことができるのが戸建ての物件です。

構造、デザインにもよりますが、中古物件のリフォームよりもお得に済ませることができる可能性があります。リフォームも戸建ても間取りの自由度は制限されています。少しリフォームの方が自由度が高いくらいでしょうか。

その点を妥協できるのであれば、どちらも比較してより理想に近い住宅を選ぶといいでしょう。しかしとことん間取りにこだわりたいという方はやはり注文住宅がおすすめ。変に妥協して戸建てやリフォームを選択するとあとから後悔してしまいます。

総合的な満足度を考えると、費用は高くついても自分ですべて決めた家に住む方がお得だと考える方も多いようです。それぞれにどんな面てお得なのかが大きく変わってくるので、自分がなにを一番優先したいかをよく考えて選択する必要があります。