立川のおすすめリフォーム会社 » リフォームに関するQ&A » リフォームの相場は?

リフォームの相場は?

主な部位別に見る、リフォーム費用の相場感とは?

リフォーム業者に対する一括見積もり依頼などができるリフォーム情報サイトなどを調べて、リフォーム費用の相場を部位別にまとめたものを以下に紹介します。

キッチンのリフォーム費用相場

システムキッチンのリフォームでは、選択するメーカーやグレードなどによってかなり金額に違いが出てきます。

費用から見ると51万~100万円が3割弱と最も多く、次いで101万~150万円が2割程度なので、51万~150万円の範囲でのリフォームが半数以上となるでしょう。

人気のキッチンのリフォーム内容

対面型キッチン

料理や片付けなど、朝から晩まで、キッチンで過ごす時間は意外と多いものです。それだけに、キッチンで過ごす時間をもっと充実させたい、使い勝手を良くしたいという要望が多いです。

人気のアイランドキッチンは、キッチンがまるで島のように独立して設置されているというタイプのキッチンです。アイランドキッチンには、ある程度広いスペースが必要なため、キッチンの短い辺の一つが壁に付いている、ペニンシュラキッチンも人気です。

トイレのリフォーム費用相場

トイレリフォームにかかる費用は、調査事例の半分強が21万~50万円で、これが費用相場と言えそうです。

一般的に、洋式トイレを洋式トイレに取り替えるリフォームだと50万円以内に収まるケースが多く、和式トイレを洋式トイレに取り替える場合や、スペースを拡張するような場合はより高額となります。

人気のトイレのリフォーム内容

汚れない構造にこだわる!

狭いトイレは掃除がしにくいので、最初から掃除が楽な、汚れにくい素材の床や汚れにくい構造の便器などが人気です。

バスルームのリフォーム費用相場

ユニットバスを今のユニットバスにリフォームする場合、50万~80万円あたりがひとつの費用目安。

一方、在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする場合だと解体費用などがかかることもあり、70万~100万円あたりが目安となります。

人気のバスルームのリフォーム内容

カビない構造にこだわる!

やはり水回りはカビが悩みのタネ、という人が多いです。従来工法のバスルームをユニットバスに変えたいという声はもちろんですが、ユニットバスから新しいユニットバスに変えたいというニーズも多いです。その多くは凹凸があって掃除しにくく、カビやすいので、掃除しやすく清潔に使えるバスルームにしたいという声。新築の時には予算の関係でこだわれなかったという人が、少しグレードをあげたいと依頼することも多いそうです。

洗面所のリフォーム費用相場

一般的なメーカー製品でシンプルなものを選ぶと、洗面所のリフォーム費用は20万円以内でも十分可能。

標準的なグレードの製品を選んだ場合だと20万~50万円の範囲で、事例でも4割以上がこの価格帯となっています。

洗面台の他、洗面所の床や壁、収納などのリフォームを合わせて30万〜80万といったところが相場です。

人気の洗面所のリフォーム内容

洗面台にこだわる!

これまでは「洗面のためだけの洗面台だった」というところから、「化粧がゆっくりできる」「脱衣スペースをゆったりとれる」そんな洗面台が人気です。子どもの成長に合わせて、スペースが足りなくなってきた、という声も聞かれます。古くなったから新しいものに替えるというだけはなく、より快適に、そのときの家族構成に合わせたリフォームを望む人が多いですが、水回りは特に女性がこだわる場所ですから、女性目線で考えられた商品が人気です。

リビングのリフォーム費用相場

リビングリフォームは15万~100万円とボリュームゾーンの価格帯がやや広め。

クロスの張り替えだと平方メートル単価が1,000~3,000円といったところで、素材次第では安価に済みます。フローリング張り替えや間取りの変更などになれば高額になりますし、500万円以上のリフォーム事例もあるほどです。

人気のリビングのリフォーム内容

広々したリビングに!

壁や床などをリフォームするというだけではなく、リビングと一緒に、近くにあった和室を洋室にリフォームするということも。また、別の部屋だったのを一つにして広々させるというリビングのリフォームも人気です。このような、間取りの変更を伴うような、大規模なリフォームも築15年以上経過した頃から需要が多くなる傾向があります。

外壁塗装や外壁のリフォーム費用相場

劣化状況や塗料のグレード・性能などにより予算は変動します。51万~100万円が3割程度、101万~150万円は3.5割弱と、このあたりが中心価格帯となります。

屋根同様、定期的に必要になってくる外壁塗装のリフォーム。放っておくと経年劣化によってクラック(ひび割れ)などが起こり、建物自体が傷んで寿命を縮めてしまいという結果に。

屋根塗装や屋根のリフォーム費用相場

こちらも塗料のグレード・性能、屋根の面積や劣化状況などによって変わりますが、100万円以下の費用が55%程度を占めています。

元の屋根を撤去する費用がある場合は50万~150万円程度かかることも多いようです。

人気の屋根のリフォーム内容

屋根のリフォーム+太陽光発電

最近では、電力会社から供給される電気だけに頼らない自家発電に切り替えるという家庭が増えています。その一つとして注目されているソーラーパネル。屋根のリフォームのときに導入するという人も多いようです。

外構やエクステリアのリフォーム費用相場

外構、エクステリアとは

家を取り囲む塀、門扉、玄関までのアプローチ、カーポートや庭などにいたるまで、家の外にある部分のことを指します。

優先順位は家より低めとはいえ、やはり家の外は意外にも目立つ場所でもあります。また、紫外線や汚れなどの影響で、経年劣化するところでもありますから、定期的にリフォームを計画していくと良いでしょう。

外構、エクステリアのリフォームに関しては、考え方はさまざまです。家の第一印象を決める重要な部分としてデザインや雰囲気、材質などにこだわる人。居住スペースではなく、経年劣化する場所だから改修工事が必要になったら最低限必要なことをすれば良いと考える人。価値観や家族構成、年齢などによって、さまざまなニーズがあるのが特徴といえます。

費用相場

箇所によってかなり幅があり、門扉カーポート、自転車置き場など、1箇所のリフォームだと10万~20万円といったところ。敷地全体のフェンス設置などの場合、デザインや敷地の大きさなどによっては200万円以上の予算となるケースもあります。サンルームは大きさやメーカーによっても異なりますが、工事費込みで30万円〜80万円代というケースが多いようです。サンルームもさまざまな仕様があり、家の増築のような感覚で床材などにもこだわると200万円程度の予算を見込んだ方が良さそうです。

人気の外構、エクステリアのリフォーム内容

サンルーム

リフォームでは、子どもの成長などによって居住スペースが手狭になったり、家の中にあったスペースを庭に出して使い勝手をよくしたい、などとという理由からサンルームを作るという人も多いようです。 最近のサンルームはデザイン性、機能性ともに優れているものが多く、サンルームというよりも一部屋増築するような感覚で、施工を依頼しているようです。 また、新築の時に作ったウッドデッキを実際はあまり使わなかった、腐食してしまった、シロアリが巣食ってしまったなどの理由でサンルームにリフォームを希望する人も多いです。

ウッドデッキ、ベランダ、庭などの屋外にあるものは、天候や季節によって、使用できないことがあります。そのため洗濯やカフェテーブルなどを置いても、実際には有効にスペースを活用できないという場合も多いのです。花粉などの季節も思いのほか長いので、天候や季節を問わずに活用できるスペースに変えたいという声が多いです。

サンルームの活用方法は人によってさまざまで、リビングの延長としてくつろぎのスペースにしたり、趣味のスペースとして、愛犬のスペースとして、自宅でのマッサージやエステなどのサロンなど仕事場の一部として利用されるという方も。